« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年1月

2013年1月24日 (木)

2013/1/24/thu/23:20

昨日、会社が立ち上がりました。

2013/1/23(大安)
ゴロと大安と。
いざそこに照準を合わせると、結構どたばた。
ぎっりぎりでセーフでした。
こうやって法務局や公証人役場なんかに行くと、日本が法治国家だということを実感する。
自分も文書チェックや物事のながれは結構細かい方だと思っていたけど(昔の上司のご指導のおかげ)、その上を行く細かさ・・・。
法律の手順通りに、手順通りの書類でないと受け付けてももらえない。
僕ら素人(経営者が素人って言ったら駄目なんだと思うんですが)がパーフェクト!と思って言っても訂正だらけで。
登記相談コーナーでパソコン開いて、CD焼いて、訂正して。
な感じでした。
プロってすごい。
法務のプロ。
お金をもらって仕事をしているヒトはプロフェッショナルなのか。
立場によって見方が変わる。
お金を払う側は払う先に対してプロフェッショナルを望む。
だが、お金をもらって仕事をする側は必ずしも自分がプロフェッショナルだとは思っていないし、もっと言えば、プロフェッショナルになろうとも考えてもいないのかもしれない。
この違い、ギャップが満足度にも関係してくるのだと思う。
自分は、傾向としてお金を払う先(商品でも、サービスでも、仕事としているヒトでも)に対して、過度な期待をしている。
聞いたらわかって当たり前。
丁寧に接して当たり前。
美味しくて当たり前。
親身になってくれて当たり前。
当たり前という表現が適切かどうかはわかりませんが、こんな期待をしている。
だから、よく裏切られる。
モノやサービスがあふれる時代。
いつのまにか、量は増えたがホンモノが減っている世の中になっているのかもしれない。
自分たちの仕事に境界線はない。
境界線を創っているのは、行政。
縦割りが管理しやすいから。
ヒトの人生に割り切れるものなんてない。
小学校入学の年って誰が決めたの?
こどもの発達に区切れなんてあるの?
18歳で児童福祉法から障害者総合支援法になんでうつらないといけないの?
自分たちがお金をもらっているのが、その法の中だから知らず知らずのうちに自分たちで境界をひいてる。
学校のことは学校でなの?
家のことは家でなの?
その人の人生に境界はない。
自分たちのしごとは、その人の人生にふれる仕事。
人生は無限大の可能性があるもの。
そんな人生にふれる仕事は無限大の可能性を秘めてる。
僕らはもっと精進しなきゃ。
知らないこと、たくさんある。
学ばなきゃいけないこと、たくさんある。
経験しなきゃいけにこと、たくさんある。
前へ前へ。ゆっくりでも前へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

2013/1/14/mon/1:01

あっという間にもう一月も中旬ですよ。

着々と時は過ぎて行く。
一日は24時間。これはみんなに与えられた唯一の平等な時間。
だれに対しても。
この先からが不平等。
24時間をどう使うか。それはその人の責任。
そして、1週間をどう使うか。
1ヶ月をどう使うか。
1年を。一生を。
最近、佐藤可士和さんの本を読み直してます。
何か新しいことを始める時に必ず読みたいと思わせる人。
リスペクトしてます。
クリエイティブって何か、考えるきっかけをくれる人。
そのひとつに。
「チャンスは平等じゃない」って書いてます。
その通りだと思う。
チャンスって与えられるものなんだけど、そのチャンスに気付けるかどうか、つかめるかどうか、アンテナを張ってるかどうか、感性を磨いているかどうか。
結局はそのひと次第。
そんな事書いているけど、自分もチャンスを1割も活かせてないと思ってます。
でも、たった1割でも大きな生活の変化を感じているし、やりたいことができてきている実感もある。
イマの自分を作っているのは、すべて自分の選択の結果。
右に行くか、左に行くか。
それとも動かないか。
どれも正解。
自分の生き方だから。
今、会社を一から作ってます。
株式会社。
前から、いつかやろうと思ってたけど、こんなに早く動き出すとは思わなかった。
会社をやるには一般的に言われている「ヒト・モノ・カネ」が動かないとできません。これも時の運。タイミングですよね。
でも、一から作るのがこんなにぽんぽん行くとは思っていませんでした。
結構、スピード感のある感じ。
もちろん多くのヒトに支えられているからこそできることです。
昨日、本部が正式決定しました。
この場所がまた、いい。
北海道一のパワースポットのとなり。
しかもおしゃれ。
一目見て気に入りました。
いろんな制約はできちゃったんだけど、それを考えてもそこがいいと思ってしまった。一目惚れです。
物件も出会いです。その時に空いてなければ紹介もされない。
担当が紹介しようかなって思わなければ、出逢えない。
たどれば、自分がその不動産屋に電話をしなければ、そしてその担当がその時に電話に出なければ。
ヒトとの出会い。
チャンス。
結局のところ神様に与えられているのかな・・・。
そうそう、今日から社員募集を始めました。
興味のある方はご連絡を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

2013/1/5/sat/1:01

謹賀新年

新年早々、今年の抱負はどうするか。
今年の目標は?
行動計画は?
今年の事業計画は?
などといろいろ考える暇があるとかないとか。
子どもができると、結構暇がない。
というより極限に多用。
ぎりぎりのラインで両立している。
だからこそ、時間の使い方がよりうまくなっていくのだろうなあと思ったりしました。
こどもはかわいいけど、そのために仕事は絶対に犠牲にしません。
逆に仕事で子どもを犠牲にすることも絶対にしない。
バランス。
そんな、決意表明。
この人のブログ見てたら、とっても納得することが。
外に出た方がアイデアが浮かぶのは同感です。
いつもと同じ風景の中で、悶々と仕事してるよりいろいろな場所でいろいろなことを思いながら、構想を練るほうがよっぽどいい環境。
その中で、いつかやりたいと思っていること。
オフィスがそんな空間だったら、って思います。
アイデアが浮かぶ場所。
環境。
今はまだ無理なんで、外に出ることにします。
今年は昨年以上に外でいろいろと仕事していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »