« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

2012/9/23/sun/19:41

一山越えました。
越えたと言うのかどうかわかりませんが。

今回、札幌市が公募したカフェ事業に応募してみました。
場所は中央図書館。公式な発表では、一日1400人を越える人が利用しているそうです。

自分とこの法人ではもちろんカフェを運営したこともありませんし、当然僕自身も経験がありません。
だけど、将来的にはやろうと思ってたこと。
当初考えていたより、1〜2年早いタイミングだったんですけど、チャンスということで応募してみました。応募法人は7法人だったそうです。
その中から、プロポーサル方式で一法人が選ばれます。
公募期間も短く、しかも異業種でノウハウも少ないなか、様々なツテと足と時間を使って、なんとか応募することができました。
この経験はとっても大きいと思います。たとえ駄目だったとしても(今のところ受かると思い込んでますが)、自分の経験値として大きな貯金です。
カフェをオープンさせるノウハウはできました。
人脈も。
大きな大きな財。

書類審査のあと、先週の金曜日が面接でした。
そして結果は明日以降に。
結構ドキドキですわ。

ほっとしたけど、次の山がまたそびえてっている。
自分は山脈にいるんだと実感。

ありがたいこと。

今日の昼間、アルピニストの栗城さんが山は苦しいから登るんだと思うって言ってた。
その通りだなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

2012/9/20/0:50

やはり更新してないと忘れてしまう。
まあ、最近はネタも少ないので書きたい時に書く、思いついた時に書くということがいいのかなと。

今日スタッフといろいろと話しました。
最近、なかなかゆっくりとスタッフと話す時間もない日々。
つくづくコミュニケーション不足を感じます。

一人は会議後立ち話だったけど、今のこと、今後のことなんかを。
もう一人は職場で。
どちらも本音をきちんと話せる相手。
そんな相手がいることにまずは感謝。

そして、話しているうちにやはり、自分への反省がいろいろと見えてくる。

経営者として、管理者として。
スタッフを指導するのもきちんとした信頼関係がないとできない。
僕自身は育てたいひと(見込みのあるひと、やる気のある人)しか興味がありません。
そういう人としか仕事はしたくない。というのが本音。
もちろん、そういう人ばかりじゃない! 秘めているものがある人もいるんだ!という考えのかたもいらっしゃるでしょう。
その通りだと思う。
だけど、すべての人に関わっていたら、正直人生何回あっても足りないし、お金がいくらあっても足りません。
時間も、お金も限られている。
ビジネスの世界でいうビジネスパートナーを考えてみると、嫌な人とは組まないですよね。信頼できない人とも組まない。やる気の無い人とも起業なんかするわけない。
置き換えてみるととってもしっくりくる。
だけど、従業員に置き換えると、必ずしもこれが現実そうなっていない。
なぜだろう。
育てる必要があるのか・・・
でも最低ラインの資質ってあると思う。

この考え方は「仕事」「経営者」という面での僕の本音。

支援者となった時、この考えは全くない。
すべての人に可能性があるし、すべての人に幸せになってもらいたいって本気で思う。
だから今までもそうやって仕事してきたし、そうやって人と関わってきたつもり。
スモールステップで成功体験を積み重ねて。
ゆっくりと成長を見守っていきたい。

このギャップに気づいた今日この頃。

課題は山積みだけど、仕事は楽しいものです。

今日も札幌を代表する企業の会長さんと数時間お話させていただきました。
会うまでもたいへんで、何度か目でやっときちんとお話をしてくれるようになった。
そして、今日はいろいろなアドバイスやいろいろな人を紹介してくれて、本当に親身になって相談に乗ってくれています。
感謝。

明日、明後日で一山超えます。
産みの苦しみの一山。
越えた先にはいくつもの山があるんだけど、ひとつひとつクリアしていきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

2012/9/13/18:53

急遽、お休みをいただいて支笏湖に行ってきました。
水の謳。好きです。

支笏湖の遊覧船初めて乗りました。
あれは、乗った方が良いかも。結構楽しめました。何より水のきれいさにびっくりする。
IMG_4512
IMG_4570
IMG_4590
久々ゆっくり散歩したり、写真撮ったり。
IMG_4605
ゆっくりとして、おいしいご飯食べて。
今日は帰り道にえこりん村へ。
IMG_4678
ただメーメーさんの写真が撮りたかっただけ。
IMG_4682
しかし、なぜ色塗られてるんだろうか・・・。赤、黄、青、緑・・・
IMG_4700
IMG_4701
IMG_4702
ということで、明日からまたがんばって働きます。

| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

2012/9/4/tue/1:07

ここ数日のこと。

週末はひさびさに第2の故郷大田原に行ってきました。
大学学会と同窓会のため。
改めて、思うけど人が集まる機会は出逢いの場だ。
今回の出逢いは再会。退職してから久々にあった同僚たち、大学時代同じ学び舎だったにもかかわらず、ほぼ話したことのなかった同級生たち。お世話になった教員。後輩。地域の大先輩。

さまざまな学びがあった。

離れてから自分のもと職場を観てみると、気づくこともある。
自分が最新の注意を払っていても、麻痺することがあることにも気づく。

同時に自分の無力さも。

後輩たちには良い仕事をしてもらいたい。
もちろん後輩だけじゃなく、関わったひとたちもだけど。

自分もだけど、後輩たちと同じ時間を過ごす時に心がけていること。
良いものに触れ、良いもの観、良いものを食べる。
自分もまだまだ勉強中だし、わからないことだらけだけど、だからこそ、思いつく限りの努力をする。

本物に触れないと、本物がわからない。
本物を観ないと、偽物に気づかない。
美味しいものを食べないと、美味しいものがわからない。
だから僕の中では何でもいいはない。
時間がかかっても、吟味したい。

もちろんすべてがこれに当てはまるとは思っていないけど、この結果が、自分自身を作っていくんだよね。
良い仕事、もっと言えば、良い人生をおくるには、やはり努力が必要ってことかな。

いま、新たなプロジェクトでいろいろ動いているけど、すべてが貯金として役に立っている。(と勝手に思っている)

その反面、あせりからかイライラすることも多くなってきた。
自分の思いが伝わらない時なんか特に。

コミュニケーション不足が原因だと思いますが・・・。

今回、栃木でいろいろ議論しました。
お互いの考え方などを話して、どんどん深めていく。
とってもシンプルなんだけど、改めてその環境が懐かしくなった。
アカデミックな中で、比較的対等な立場でモノが言えるってほんと恵まれていた。
その中から、多くの学びが得られていたんだと、いまさら実感。

サッポロにきて、まだまだそういう環境には出逢えてないのかなあ。
ま、無いものねだりです。

あと、忘れないように書いておくけど、栃木からの帰りの新幹線で大学教員にお願いしたこと。
大学教員は自らの法人を持っていてもらいたい。
自分が理想とする施設を作り、その中で理想の実践をしているなかで学生に伝えていくことが必要なのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »