« 2012/8/30/thu/14:21 | トップページ | 2012/9/13/18:53 »

2012年9月 4日 (火)

2012/9/4/tue/1:07

ここ数日のこと。

週末はひさびさに第2の故郷大田原に行ってきました。
大学学会と同窓会のため。
改めて、思うけど人が集まる機会は出逢いの場だ。
今回の出逢いは再会。退職してから久々にあった同僚たち、大学時代同じ学び舎だったにもかかわらず、ほぼ話したことのなかった同級生たち。お世話になった教員。後輩。地域の大先輩。

さまざまな学びがあった。

離れてから自分のもと職場を観てみると、気づくこともある。
自分が最新の注意を払っていても、麻痺することがあることにも気づく。

同時に自分の無力さも。

後輩たちには良い仕事をしてもらいたい。
もちろん後輩だけじゃなく、関わったひとたちもだけど。

自分もだけど、後輩たちと同じ時間を過ごす時に心がけていること。
良いものに触れ、良いもの観、良いものを食べる。
自分もまだまだ勉強中だし、わからないことだらけだけど、だからこそ、思いつく限りの努力をする。

本物に触れないと、本物がわからない。
本物を観ないと、偽物に気づかない。
美味しいものを食べないと、美味しいものがわからない。
だから僕の中では何でもいいはない。
時間がかかっても、吟味したい。

もちろんすべてがこれに当てはまるとは思っていないけど、この結果が、自分自身を作っていくんだよね。
良い仕事、もっと言えば、良い人生をおくるには、やはり努力が必要ってことかな。

いま、新たなプロジェクトでいろいろ動いているけど、すべてが貯金として役に立っている。(と勝手に思っている)

その反面、あせりからかイライラすることも多くなってきた。
自分の思いが伝わらない時なんか特に。

コミュニケーション不足が原因だと思いますが・・・。

今回、栃木でいろいろ議論しました。
お互いの考え方などを話して、どんどん深めていく。
とってもシンプルなんだけど、改めてその環境が懐かしくなった。
アカデミックな中で、比較的対等な立場でモノが言えるってほんと恵まれていた。
その中から、多くの学びが得られていたんだと、いまさら実感。

サッポロにきて、まだまだそういう環境には出逢えてないのかなあ。
ま、無いものねだりです。

あと、忘れないように書いておくけど、栃木からの帰りの新幹線で大学教員にお願いしたこと。
大学教員は自らの法人を持っていてもらいたい。
自分が理想とする施設を作り、その中で理想の実践をしているなかで学生に伝えていくことが必要なのでは?

|

« 2012/8/30/thu/14:21 | トップページ | 2012/9/13/18:53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514283/55576701

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/9/4/tue/1:07:

« 2012/8/30/thu/14:21 | トップページ | 2012/9/13/18:53 »